■ 総アクセス数: ■ 現在の閲覧者数:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--年--月--日 | カテゴリ : スポンサー広告 | 記事のURL ()
今回は伊坂幸太郎さんが書いた「死神の精度」という本を紹介したいと思います。

死神の精度 (文春文庫 (い70-1))死神の精度 (文春文庫 (い70-1))
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

まず、管理人はそれがいいのか悪いのかはともかく、本を読むのが非常に早いと自分でも思っています。
そのため、小説などは買わずに、立ち読みだけで十分な場合も多いです。

そんな管理人、この本がハードカバーで出た時に一度すべて読んでしまっているのですが、文化化された時に迷いながらも買ってしまいました。それくらい好きな本なのです。

内容の説明ですが、ネタばれかもと思う部分は反転してあります。まだ読んでいない人は見ない方がいいかもしれません。といっても、本当に大切なところをばらしてしまうつもりはないので安心して下さい。

この本は毛色の異なる六つの短編からなっており、主人公は千葉という名の死神です。それぞれの話は基本的に独立していますが、最後の話には今までの二つの話が少し(かなり?)かかわってきます。なので順番通りに読むことをお勧めします。

千葉の役目は、対象となった人間の生きるか死ぬかを7日の間に判定すること。千葉自身はクールに、淡々と仕事をこなしていくのですが、感覚がどこか人とずれていて、「雨男」は「雪男」の仲間なのかと尋ねたり、ステーキを見て、死んだ牛を食べてうまいのかなどと聞いたりします。

そんなとぼけた彼、対象となった人の人生、その周りの人々とのさまざまな人間模様、どれもなんとも読み応えがあります。

ちょっぴり切なさがあり、管理人的には雨の日に読むことをお勧めします。
読書が好きな人なら絶対気に入ってくれると思います。

読んでみたら面白かったという人、読んだことがあるって人、この本僕も大好きだって人はぜひコメントやメールをください。読書について語り合いましょう笑

ランキングもクリックしてくれると嬉しいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://nyoronyoropc.blog15.fc2.com/tb.php/99-5a7f54e8
人気ページランキング
検索

自己紹介
注意事項
■ このブログに関するすべての損害に関して、管理人は責任を持ちません。ご利用は自己責任でお願いします。
■ また、記事に関して意見、要望のある場合はメールしてください  
■ 初めての方はここも読んでおいてください。
バロメーター
訪問回数表示
■ 今回で
QRコード
カテゴリー
■ 人気のある記事
リンク
逆アクセスランキング
バナー・同盟など
その他管理人用
あわせて読みたいブログパーツ
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
Googleボットチェッカー
  • seo
アクセスランキングブログパーツ

PING送信プラス by SEO対策

Appendix


ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。